• ホーム
  • 抗生物質と整腸薬を併用するのはなぜ?

抗生物質と整腸薬を併用するのはなぜ?

薬を飲む男性

抗生物質は風邪などの感染症で使われる薬です。
感染症を起こしている細菌に対して作用して、体の中で増殖してしまった細菌を死滅させる働きがあります。
抗生物質には非常にたくさんの種類があり、同じような作用があるとはいえ、細菌の種類によって効き目が違うので、原因に合わせたものを使うことが大切です。

抗生物質は医師の処方が必要な薬なので、病院などで処方されていますが、その時に整腸薬を併用することがよくあります。
これは抗生物質を服用した時に下痢などの症状が副作用として出やすいということが理由です。
抗生剤を服用する時に整腸薬を併用しておけば、下痢を起こすことを事前に予防できます。

抗生物質が効果をあらわす時には、病気の原因となっている細菌の数を減らすために細菌を死滅させます。
その時に病原菌ではない細菌も同時に死滅させてしまうことがあります。
腸の中にある善玉菌が抗生物質により数を減らされてしまうと腸の状態が悪くなり、下痢などの症状が起こります。

これは抗生物質が特定の細菌に対してだけ効果をあらわすわけではないということが原因で、感染症を起こしている細菌に作用するためには、他の菌への影響が出てしまいます。
腸の中の状態は善玉菌や悪玉菌、日和見菌といった色々な種類の細菌で構成されており、バランスが大切です。
善玉菌が減ってしまうと、悪玉菌の比率が増えて腸の状態が悪くなってしまいます。

この時に整腸薬を併用していれば、腸で不足している善玉菌を補うことができ、副作用を抑える効果が期待できます。
整腸薬は乳酸菌製剤が使われることが多く、お腹の調子を整えるためにも使われるものです。

抗生物質を服用しなくてはいけない時というのは、体の状態が悪くなっている時なので、そこに加えて腸の調子も悪くなると大変なことになります。
少しでも早く病気を治すためにも、抗生物質を使う時には副作用の症状を抑える対策をしておいたほうが良いでしょう。

クラビットの副作用とその対策

クラビットはニューキノロン系の抗生物質のひとつです。
この種類の抗生物質は副作用が少ないという特徴があります。
しかし、それでも全く副作用がないわけではなく、他の抗生物質のように腸内環境が乱れてしまい、下痢を起こすという副作用が出ることがあります。

そのため、クラビットの服用をする時には同時に乳酸菌製剤を服用するなどの対策をしておくと、下痢をしてから苦しむということがなくなります。
また同時に普段から食べる食事の中でも腸内環境が良くなるようなものを積極的に摂るようにする対策をしておくことも効果があります。

それは食べ物の中から腸に良いものをたくさん摂取しておくということです。
そういった方法であれば健康な状態の時に行っても問題ないでしょう。
普段からヨーグルトなどを積極的に摂るようにしておけば効果的です。
こういった方法は副作用対策としてだけでなく、健康増進効果もあるので、どんな人にもおすすめの方法です。

ヨーグルトは色々な種類が販売されているので、どれを選べばいいかわからないという悩みを持つ人もいますが、ヨーグルトという名前がついていれば、基本的には問題ないと言えます。
味は違っても含まれている乳酸菌には大きな違いはないと考えられます。
食べ物の中では、腸に良いとされているキムチ、ぬか漬けなども効果的です。

しかし、キムチやぬか漬けは塩分も多く含まれているため、摂りすぎると別の問題が出てきてしまいます。
味噌などの発酵食品にも腸に良い菌が含まれていますが、同じような理由でとり過ぎは控えたほうが良いでしょう。
そういった視点からみても、ヨーグルトであれば塩分を気にせずに摂取できるので、おすすめの食材だと言えます。

関連記事
クラミジア治療薬クラビットを徹底検証 2019年06月28日

クラビットはニューキノロン系の抗生物質の一種で、クラミジア感染症の治療薬として今日では第一選択薬になっています。有効成分にレボフロキサシン水和物を含み、これがクラミジアの増殖を阻害する作用を持っているのです。細胞が生き続けるためには、常に増殖を継続している必要があります。細菌は増殖するためには、DN...

レボクインとクラビット、どこが違う? 2019年08月15日

レボクインは、性器クラミジアを始めとする性感染症の抗生物質として知られるクラビットのジェネリック医薬品です。クラビットと同様にレボフロキサシンという成分を有効成分としています。ジェネリック医薬品は、先発薬の特許が切れた後に同じ有効成分で製造される医薬品のことをいいます。研究や開発に費用が掛からないの...

油断しないで!クラミジアが悪化するとこうなる 2019年09月02日

性感染症で患者数が一番多いのが、性器クラミジア感染症と言われています。同じ性感染症の淋菌と比較して、症状が出るまでの潜伏期間が長く、また症状がわかりにくいため、無自覚にパートナーに移してしまうという経路で拡大していきます。クラミジアは病気としてありふれてしまっていますが、痛みや症状が軽いからと言って...

クラビットに副作用はない?注意すべきポイントは? 2019年07月11日

クラビットは抗生物質の一種ですが、非常に使用範囲の広い薬で、色々な病気の時に使われています。抗生物質は体の中で異常に増殖をした細菌に対して作用します。病気が起きている時というのは、病原菌が増えていることで、様々な不快な症状を引き起こしている状態です。これらの症状をなくし、病気を治すためには、増殖して...