• ホーム
  • ヘルペスになったら!生活する上で注意するポイント

ヘルペスになったら!生活する上で注意するポイント

チクチクとした感覚の後、小さな水疱が複数出現するのがヘルペスの特徴です。
性病のイメージを持っている人もいるようですが、ヘルペスができるのは性器だけではありません。
唇や角膜にできる可能性もあります。
性病ではなく、ヘルペスウイルスによる疾患です。

口唇ヘルペスは文字通り、唇の周辺にできて痛むため、食事をするたびに不快な思いをするでしょう。
唇周辺に出てくることもあるので、人と接するときに目立ってしまいます。
女性の場合はメイクで隠したくなるかもしれませんが、患部に負担をかけないようにする必要があります。

ヘルペスの感染経路は食器やタオルの共有です。
家族やパートナーがヘルペスウイルスに感染して、実際に症状が出ているとき、同じタオルを使って顔を拭いたり回し飲みをするとうつる可能性が高いでしょう。
感染経路は人から人とは限らず、患部を触った手で他の部分を触ると発症することがあります。
口唇ヘルペスに触れてから目をこすると、角膜ヘルペスの危険性があったり、性器を触ると性器ヘルペスが出来ることもあります。
一度感染すると完治しないところも特徴とされ、治ったように見えてもウイルスは潜伏しています。
睡眠不足や疲れが溜まっているときなど、免疫力が落ちていると再発することがあるので、普段から規則正しい生活をすることが大切です。

ヘルペスになってしまったら、できるだけ早く治療して下さい。
最初は水疱ができて気が付くことが多いですが、再発を繰り返しているとチクチクとした前兆で分かることもあります。
口唇ヘルペスには市販の塗り薬がありますが、市販の塗り薬を使用できるのは再発した場合です。
初めてヘルペスになった人は、必ず皮膚科など病院へ行き、医師の診察を受けるようにしましょう。
治療薬はバルトレックスなどの飲み薬で、これを医師の指示に従って服用すればヘルペスが消滅します。
治療中は患部を清潔に保ち、ご自身が感染経路にならないように注意する必要があります。

口唇ヘルペスは性器に感染する?

口唇ヘルペスが感染するのは、相手の唇とは限りません。
パートナーとキスをしたときに唇に感染する可能性はありますが、オーラルセックスをすることで口唇ヘルペスが性器に感染することも考えられます。
どちらか片方が口唇ヘルペスを発症しているときは、パートナーのためにもキスやオーラルセックスを控えるようにしましょう。

性器に感染すると、症状がより重いのは女性側です。
男性の約2倍と言われるほど感染しやすいので、注意するに越したことはありません。
ヘルペスの特徴である水疱が潰瘍になったり、人によっては排尿に支障をきたすこともあります。
発熱することもあるため、予防することが最善の方法です。

それでも感染した場合は、すぐに病院へ行って治療を受けて下さい。
口唇ヘルペスと同じように治療薬としてバルトレックスが使われることが多いので、指示通り服用します。
再発を繰り返すヘルペスが性器にできると、人によって頻繁に再発することも。
最近では再発を抑制するための治療も行われているようなので、医師に相談して正しい治療を受けましょう。

性器ヘルペスは性交渉が感染経路ということもあり、20代を中心とする若い患者が多いと言われています。
性器といっても肛門付近に水疱が出てくる人もいますが、すぐに見て確認しづらい場所です。
そのためチクチクと痒くても、違和感を放置してしまいがちです。
感染してから症状が出るまで約1週間ほどの潜伏期間があり、人によっては10日ぐらい目立った症状が見られません。

その間にうつしてしまうこともあるでしょう。
パートナーが感染することを防ぐためにも、早めに異変に気付く必要があります。
普段からコンドームを使うことも、お互いのためにできることです。

関連記事
フラジールってどんな薬?副作用は? 2019年10月17日

フラジールの主成分はメトロダニゾールで、高い抗原虫や抗菌作用を持つ治療薬です。メトロダニゾールはトリコモナスや細菌の酸化還元系などによってニトロソ化合物に変わり、この成分は抗原虫作用や抗菌作用を発揮することができます。攻撃対象である原虫や細菌などのDNAを切断することができ、フラジールを服用すること...

トリコモナスはどうやって検査する? 2019年09月20日

トリコモナスは性病の一つで、トリコモナス原虫と呼ばれる肉眼では見ることが不可能なほど小さな原虫が性器に入り込んで炎症を起こす病気です。男性の場合には前立腺や精嚢、そして尿道に寄生しますが、女性の場合は膣内や子宮頸管、膀胱や尿道に寄生し、男女共に尿道に感染した時には尿によって流される可能性があります。...

クラミジア治療薬クラビットを徹底検証 2019年06月28日

クラビットはニューキノロン系の抗生物質の一種で、クラミジア感染症の治療薬として今日では第一選択薬になっています。有効成分にレボフロキサシン水和物を含み、これがクラミジアの増殖を阻害する作用を持っているのです。細胞が生き続けるためには、常に増殖を継続している必要があります。細菌は増殖するためには、DN...

レボクインとクラビット、どこが違う? 2019年08月15日

レボクインは、性器クラミジアを始めとする性感染症の抗生物質として知られるクラビットのジェネリック医薬品です。クラビットと同様にレボフロキサシンという成分を有効成分としています。ジェネリック医薬品は、先発薬の特許が切れた後に同じ有効成分で製造される医薬品のことをいいます。研究や開発に費用が掛からないの...

油断しないで!クラミジアが悪化するとこうなる 2019年09月02日

性感染症で患者数が一番多いのが、性器クラミジア感染症と言われています。同じ性感染症の淋菌と比較して、症状が出るまでの潜伏期間が長く、また症状がわかりにくいため、無自覚にパートナーに移してしまうという経路で拡大していきます。クラミジアは病気としてありふれてしまっていますが、痛みや症状が軽いからと言って...