• ホーム
  • フラジールってどんな薬?副作用は?

フラジールってどんな薬?副作用は?

フラジールの主成分はメトロダニゾールで、高い抗原虫や抗菌作用を持つ治療薬です。
メトロダニゾールはトリコモナスや細菌の酸化還元系などによってニトロソ化合物に変わり、この成分は抗原虫作用や抗菌作用を発揮することができます。
攻撃対象である原虫や細菌などのDNAを切断することができ、フラジールを服用することで病気の原因であるトリコモナス原虫や細菌などが死滅し症状を改善することが可能です。
酸素が不要な嫌気性菌は一般的な抗生物質では効きにくいとされていますが、フラジールは嫌気性菌が原因である細菌感染症に効果を発揮することができます。
殺菌作用のある治療薬によって不快な症状を改善することができるでしょう。

服用した2時間後、血中濃度が最大になるので全身において薬の成分がいきわたります。
健康的な女性がフラジールを服用した場合、4時間後膣内における抗原虫濃度を示したデータがあり、フラジールを服用し膣トリコモナスなどの感染症治療を行うと約97%の効果があるというデータがあります。
トリコモナス症のほとんどの人に対して治療効果を発揮しすることが可能です。
抗原虫作用や抗菌作用などの効果を持つフラジールですが、口腔以外の部位が原因になっている強い口臭もフラジールを服用すると効果があります。
臨床データによると強い口臭が消えたり改善されたという事例もあり、フラジールは歯周病の原因である菌に効果をあると言われています。
まだ薬の適応症として正式に認定されていませんが、歯科現場において歯周病などが原因の口臭治療では状況に応じて処方してくれています。

使用方法として大体7~10日程度服用することになり、薬の使用方法を守らないと治療期間が延期することもあるので薬の飲み忘れに注意しましょう。
治療期間中は患部に菌が潜伏しているので、性行為や感染を広げるような大衆浴場の利用は控えることをおすすめします。
薬の服用が終わると病院を再度受診し、トリコモナス原因菌の状態が確認された上で終了です。
トリコモナス病原菌があると再発するケースが高くなるので検査を受けましょう。

トリコモナス治療薬の種類と特徴

トリコモナスの地用薬は開始してから7~10日ほどで確実に症状を消失させることができるので便利です。
基本的に内服薬を使用しますが、女性の場合は膣錠も利用されることがあります。
トリコモナスの治療薬は市販されておらず、インターネットを利用して個人輸入代行サイトの通販を利用すると便利です。
病院に行かず購入することができ、すぐに処置することができます。

医療現場では主にトリコモナスの薬としてフラジールやハイシジンなどが利用されています。
これら2つの薬は効果が高く、メトロダニゾール系と呼ばれている種類の抗原虫薬になります。
病原体のトリコモナス原虫を殺虫し、非常に高い効果が期待することができるでしょう。
服用してから7~10日でトリコモナスを完治させることが可能です。
基本的に口から飲む内服薬を使いますが、妊婦の人や授乳中の人の場合安全性の理由から膣錠などが使用されることがあります。
内服薬は胎盤や母乳を通じ胎児に薬の成分などが移行するかもしれないからです。
再発を繰り返すようなトリコモナスに対して、内服薬と膣錠をいっしょに使って治療します。

トリコモナスの治療薬はドラッグストアで市販されておらず、処方せん医薬品に指定されています。
購入するには医師の処方せんが要りますが、インターネットを利用すると購入することが可能です。
クリニックに行かずにトリコモナスの薬を注文するには、海外から個人輸入し直接取り寄せるか、通販サイトの個人輸入代行を行っている業者を利用すると良いでしょう。
治療薬には副作用がいくつかあるので、使用する際はきちんと使用方法を確認し副作用に備えることが大切です。
中にはジェネリック医薬品もあるので、トリコモナスの治療薬として利用することがあり、特に膣トリコモナスに対し高い殺菌効果を持つものもあります。

関連記事
ヘルペスになったら!生活する上で注意するポイント 2019年11月13日

チクチクとした感覚の後、小さな水疱が複数出現するのがヘルペスの特徴です。性病のイメージを持っている人もいるようですが、ヘルペスができるのは性器だけではありません。唇や角膜にできる可能性もあります。性病ではなく、ヘルペスウイルスによる疾患です。口唇ヘルペスは文字通り、唇の周辺にできて痛むため、食事をす...

トリコモナスはどうやって検査する? 2019年09月20日

トリコモナスは性病の一つで、トリコモナス原虫と呼ばれる肉眼では見ることが不可能なほど小さな原虫が性器に入り込んで炎症を起こす病気です。男性の場合には前立腺や精嚢、そして尿道に寄生しますが、女性の場合は膣内や子宮頸管、膀胱や尿道に寄生し、男女共に尿道に感染した時には尿によって流される可能性があります。...

クラミジア治療薬クラビットを徹底検証 2019年06月28日

クラビットはニューキノロン系の抗生物質の一種で、クラミジア感染症の治療薬として今日では第一選択薬になっています。有効成分にレボフロキサシン水和物を含み、これがクラミジアの増殖を阻害する作用を持っているのです。細胞が生き続けるためには、常に増殖を継続している必要があります。細菌は増殖するためには、DN...

レボクインとクラビット、どこが違う? 2019年08月15日

レボクインは、性器クラミジアを始めとする性感染症の抗生物質として知られるクラビットのジェネリック医薬品です。クラビットと同様にレボフロキサシンという成分を有効成分としています。ジェネリック医薬品は、先発薬の特許が切れた後に同じ有効成分で製造される医薬品のことをいいます。研究や開発に費用が掛からないの...

油断しないで!クラミジアが悪化するとこうなる 2019年09月02日

性感染症で患者数が一番多いのが、性器クラミジア感染症と言われています。同じ性感染症の淋菌と比較して、症状が出るまでの潜伏期間が長く、また症状がわかりにくいため、無自覚にパートナーに移してしまうという経路で拡大していきます。クラミジアは病気としてありふれてしまっていますが、痛みや症状が軽いからと言って...