• ホーム
  • クラビットに副作用はない?注意すべきポイントは?

クラビットに副作用はない?注意すべきポイントは?

悩んでいる男性

クラビットは抗生物質の一種ですが、非常に使用範囲の広い薬で、色々な病気の時に使われています。
抗生物質は体の中で異常に増殖をした細菌に対して作用します。
病気が起きている時というのは、病原菌が増えていることで、様々な不快な症状を引き起こしている状態です。
これらの症状をなくし、病気を治すためには、増殖している細菌を攻撃して死滅させる必要があります。

色々な種類がある抗生物質の中で、クラビットはニューキノロン系と呼ばれる種類になります。
こういった種類分けがしてあるのは、抗生物質の中でも効果がある病気というのが分かれており、その時にかかっている病気に合わせた種類の抗生物質を使うと、最も高い効果が期待できます。

クラビットが使われている時には、体のどこかで病原菌が増殖をして、何かの病気を発症しているということになります。
この時に気をつけておかないといけないのが副作用で、本来の使用目的とは違った症状が起こることです。

クラビットは数多くある抗生剤の中では副作用が少ないと言われており、使いやすい部類の抗生剤です。
しかし、少ないとは言っても薬である以上、完全に副作用がゼロということはありません。
副作用のひとつには腸内環境を乱してしまい下痢を起こすというものがあります。

副作用が起きることは抗生物質を使う時のデメリットですが、何かの細菌を攻撃しようとすると、どうしても他の細菌も攻撃してしまい、こういった副作用が起こってしまいます。
腸の中にはたくさんの細菌があり、それらがバランス良く存在することでお腹の調子が良くなります。
それらは善玉菌や悪玉菌と呼ばれるもので、副作用が起こる原因は善玉菌の数が減ってしまうことです。

クラビットを使った時の一番のデメリットは腸の中の善玉菌の数が減ることで、腸内環境が乱れて下痢をしてしまうことです。
これが最も起こりやすい副作用なので、十分に注意をしておかないといけません。
副作用に対する知識も持っておきましょう。

性病で処方される抗生物質の種類と副作用

性病にかかった時の治療は、原因となっている細菌を死滅させるために行う内服治療が中心になります。
性病の種類によって細菌ではなく、ウイルスが原因となっていることもあるので、その場合にはそのウイルスに適応している薬が用いられます。
性病にも色々な種類があり、ウイルスが原因の場合には、抗生物質を使っても治療にはなりません。
そのため、性病の種類によって適切な治療法が変わってきます。

性病の中で最も患者数が多いと言われているのがクラミジアですが、その時には抗生物質による治療が行われます。
クラミジアに効果のある種類はマクロライド系とニューキノロン系です。
第一選択肢としてマクロライド系が選ばれることが多いようです。
マクロライド系はしっかりとした効果があるという点が優れており、強力な殺菌力があります。

これに対してニューキノロン系は、抗菌作用に関しては、マクロライド系に比べて少し弱いという一面があります。
しかし、その分副作用も少なく安全に使えるということで人気が高くなっています。
抗生物質は病気の原因菌に攻撃をするため、どうしても効果が強いものは副作用も強く出る傾向があります。
そういったところも考慮して、どの薬を使うかを決めなくてはいけません。

またニューキノロン系の薬であるクラビットは価格面でも優れているという特徴があります。
抗生物質は新しい種類が次々と登場しているということもあり、価格が高い薬もあります。
そういった薬もある中で、クラビットはお得な価格で販売されており、経済的な負担を軽減させることができます。
抗生物質としての効果がありながら、副作用が少なく、価格もお手頃だということでコストパフォーマンスの優れた薬だと言えるでしょう。

関連記事
クラミジア治療薬クラビットを徹底検証 2019年06月28日

クラビットはニューキノロン系の抗生物質の一種で、クラミジア感染症の治療薬として今日では第一選択薬になっています。有効成分にレボフロキサシン水和物を含み、これがクラミジアの増殖を阻害する作用を持っているのです。細胞が生き続けるためには、常に増殖を継続している必要があります。細菌は増殖するためには、DN...

レボクインとクラビット、どこが違う? 2019年08月15日

レボクインは、性器クラミジアを始めとする性感染症の抗生物質として知られるクラビットのジェネリック医薬品です。クラビットと同様にレボフロキサシンという成分を有効成分としています。ジェネリック医薬品は、先発薬の特許が切れた後に同じ有効成分で製造される医薬品のことをいいます。研究や開発に費用が掛からないの...

油断しないで!クラミジアが悪化するとこうなる 2019年09月02日

性感染症で患者数が一番多いのが、性器クラミジア感染症と言われています。同じ性感染症の淋菌と比較して、症状が出るまでの潜伏期間が長く、また症状がわかりにくいため、無自覚にパートナーに移してしまうという経路で拡大していきます。クラミジアは病気としてありふれてしまっていますが、痛みや症状が軽いからと言って...

抗生物質と整腸薬を併用するのはなぜ? 2019年07月26日

抗生物質は風邪などの感染症で使われる薬です。感染症を起こしている細菌に対して作用して、体の中で増殖してしまった細菌を死滅させる働きがあります。抗生物質には非常にたくさんの種類があり、同じような作用があるとはいえ、細菌の種類によって効き目が違うので、原因に合わせたものを使うことが大切です。抗生物質は医...